ニキビは治療で治せる時代!~凸凹知らずのツル肌へ~

woman

デコボコ肌をきれいにする

Female

大人ニキビに悩まされた後、ニキビ跡として残ってしまうことがあります。クレータータイプだとセルフケアでは消せませんから、クリニックで治療を受けましょう。レーザー治療が主流になっていて、その人に合った治療を行ってくれます。

美しい肌を保つコツとは

クレーターが出来る前にニキビの本格治療を行なって改善しましょう。クリニックの早期治療で美肌を取り戻すことができます。

あとを残さないスキンケア

Female

ニキビは、思春期の男女だけでなく、大人になってからも悩まされる方の多い皮膚病です。治療は美容外科、美容皮膚科などで行われており、早期に治療をすることであとを残すことを防ぐことができると考えられています。ニキビをそのまま放置したり、適切な手入れをしないでおくとクレーター状や色素沈着などのニキビ跡になるケースもあります。ニキビの治療では、洗顔についてしばしば重要性が指摘されています。過剰に分泌される皮脂を適切に取り除くことは、ニキビの原因となる毛穴のつまりを防ぎ、アクネ菌の繁殖を抑え、症状が悪化するのを防ぐ役割があるとされています。

ホルモン療法が人気です

ニキビの治療は主に、炎症を抑える外用薬や体質を改善する漢方薬、その他ビタミン剤などを使用して行われています。内側と外側から症状にアプローチすることで、より効果的に治療が進むことが期待されています。美容外科や美容皮膚科などで近年人気の治療法として、アダルトニキビのホルモン療法が挙げられます。大人になってからできるニキビはホルモンバランスの崩れにも一因があるとして、女性ホルモン剤や男性ホルモンを抑制する薬剤を投与することで、大人特有の症状であるあごや首回りに出る症状を改善する働きがあるといわれています。これらの治療は保険適用外の自由診療になりますが、一般的な皮膚科で行うことのできない効果的な治療として、口コミでも人気です。また、この治療法以外にも、ピーリングやレーザー治療も根強い人気があります。

削る方法と盛り上げる方法

Female

ニキビ跡をなくす方法には美容外科で受けることの出来るレーザー治療があります。まず、炭酸ガスレーザーとクールタッチレザーがあります。クールタッチレザーのほうが冷却ガスを使うため、皮膚の表面は熱くなりにくいです。

数回のケミカルピーリング

Female

肌にデコボコが残るクレータータイプのニキビ跡は、消す方法として、美容外科での治療もいくつかあります。そのうちの1つ、ケミカルピーリングは薬剤を顔に塗り、古い角質を落としてくれます。処置は1度だけでなく通院することで効果が得られます。